8.18.2017

深夜の眼差し

NikonD5+AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED f1.4


終電で目的の街に着いたはいいけど
なんの出会いも無いまま時間だけが過ぎる。

今日は空振りかなぁ
コンビニで缶コーヒーとパンを買って腰を下ろす。
大して美味くもないパンをかじっていたら
目の前にある柵の隙間から視線を感じる。

あー、やっぱり持ってるわ俺。
探して回らなくても、
こうして君の方からコンタクト取って来るんだから。

コンビニの袋をガサガサした音に釣られて?…いや、それは置いておこう。

君の待つ人じゃなくて申し訳ないと思いつつ
君からの眼差しを
今まで使ったことの無いレンズで夢中で撮影した。


前略おふくろ様
実は酔った勢いで新しいレンズを買ってしまったわけで。
それが家賃の2ヶ月分するわけで。
これからの生活費を圧迫しそうです。
暮れには帰れません。
親不孝な息子をお許し下さい。



池口正和

8.17.2017

サブと、下町の眼差し。

 
深夜0時を間近に迎え、そろそろ終電時刻が気にかかる。
 
足が小走りになった頃、ああ~気付いてしまった君からの眼差し。
 
 
路地の奥から俺を見上げる目に宿る輝きには
 
何かを訴えたい意志を感じてしまうわけで。
 
このまま素通りも出来ず、かと言ってカリカリも持っておらず。
 
ただただレンズを向け、もやもやする心には蓋をして
 
自分でも驚くほど、冷静にシャッターを切っていました。
 
 
前略おふくろ様。
 
俺は所詮、毒にも薬にもならない小市民のようです。
 
外猫たちを撮りながら、外猫達の人生に
 
接触する勇気が今ひとつ無いと言うか、なんちゅうか、本中華。
 
 
前略おふくろ様。
 
実は、衝動に駆られて、つい新しいカメラを買ってしまったわけで。
 
その、今月の家賃が少々心もとなくなってしまい
 
いい歳をして、このような手紙を書いてしまったわけで。
 
 
暮れには必ず帰ります。
 
サブ。
 
 
 
 
 
 
 


8.16.2017

安心出来る場所。



真夏の暑い日も、
冷たい雨の日も、

君が、安心して体を休めることの出来る場所があれば、

いいね。






8.13.2017

夏休み






世間はお盆休み
東京の街はいつもより
少し静かに感じるかな?

そんなこと君たちには
関係ないか(笑)









8.12.2017

雨上がりの夏の夜。

NikonD5+AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



雨上がりの夜に
この場所に来れば君に会えることを
ずっと前から僕は知っているよ。




池口正和






8.07.2017

スリット。

 
猫、います!(笑)
 
路地の日当たり時間は刻々変化。
 
あ、っと思った瞬間の10分後には
 
もうこの地は真っ暗だったりすわけです。 
 
ウロウロうろうろ。
 
流し派猫撮りの僕であります。