12.31.2013

居場所

FUJIFILM X-E1


そこは
狭くて窮屈じゃないの??

まあでも
周りからどう思われようとも
自身が心地よいと思えることができれば
そこが自分にとっての居場所だね

自分の居場所を決めるのは
他の誰かじゃない
自分自身なんだ



2013年も残り数時間となりました。
2014年もメンバーそれぞれの視点、想いを
それぞれのペースで綴っていきますので
お付き合いいただければと思います。

今年もたくさん応援していただきありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください。



池口正和



12.30.2013

12.29.2013

待つ

1d2b1fd49e
EOS 6D, EF40mm F2.8 STM

ただ、信じて待っている

ここが約束の、場所。
もうずっと、長く。







12.28.2013

冬来たりなば



 春から秋までは、
昼休みにお弁当を食べるオジサンたちで
にぎわう公園。
でも、冬になるとひっそり。猫はゆったり。
でも誰か来ないかな、お弁当持って。

冬来たりなば春遠からじ

分け前が恋しい季節なのでありました。
 

12.27.2013

なぁに?




いやはや、君たちは年末の忙しさとは無縁かな?(笑)


12.25.2013

冬のある日

Cold morning



きょう、こうしていられることは、奇跡だと思う。
きのうも、おとといも、いつも。



あしたも、そうでありますように。

12.24.2013

猫が好き








「猫が好きなの?」

ありきたりな言葉でしか
話しかける事ができなかったな


今日はクリスマスイヴ
一日早いけど
"Merry Christmas"



池口正和






12.23.2013

青より蒼く

Untitled

走れ、走れ…君の想う道へ。

冬の朝の空は、どこまでも蒼く。
キンと冷えた空気が、より清々しくさせてくれる。




12.22.2013

まだ眠い

131126tc13
EOS 6D, EF40mm F2.8 STM

ふと見下ろしたら、そこにいた。
丸くなって眠っていた。
サイレントモードでシャッター切ったんだけどね。
起こして、しまった。

けど、まだ眠い。
まだ、寝ぼけてる。
...しばらく、寝ぼけてた。


自分のblog「TOKYO CATS」にも投稿しています。
同じ日、同じ路地、同じ猫。出会ったとこ。
まる





12.21.2013

そっとのぞいてみてごらん


冬の数少ないお楽しみ
猫だまり
そして
猫のお団子。
 
木塀に開いた穴ひとつ
そっとのぞいてみてごらん
みんなでお団子しているよ。
 
これからもっと寒くなると
お団子はもっと
もっと大きくなるよ。
 


12.17.2013

のどかな冬の午後。

FUJIFILM X-E1



猫もゆっくり歩いて
電車もゆっくり走って
人もゆっくり乗り降りして

時間はゆっくり流れて...




池口正和



12.16.2013

SAGA

Untitled

夢中になれるっていいね。

でもなりすぎて、周りに迷惑かけないように。

猫も人も、独りで生きてる訳じゃないんだよね。



12.15.2013

特等席

131126tc13
EOS 6D, EF40mm F2.8 STM

年経た、灰色の路地。
その中にも、色が、ある。

打ち捨てられた真っ赤なソファ。
特等席、だね。


同じ路地の別の画を、自分のblogにアップしています。
別の日、同じ路地、別の猫。
こっちも、「特等席





12.14.2013

だ る ま さ ん が こ ろ ん だ


だ る ま さ ん が こ ろ ん だ
 
猫さんの撮影をしていると、
子供の頃の遊びを思い出す。
 
でも僕が生まれた地では別のことば。
『××××× の ××××』
あまりに差別的でここには書けません(苦笑)


12.13.2013

人と猫と。




流れ無視でいつもっぽく(爆)
一応自分のブログにボツ写真アップ中です。

と言うことで、話を戻して
ここはとても人と猫との距離が心地良いです。

お互い気にしないこの距離感。いいなぁ。。。


12.11.2013

終わってみれば

Portrait


それぞれのポートレイト、楽しんでいただけたでしょうか?
それぞれが、それぞれの時間、それぞれの場所で、向き合って撮ってきた一枚です。 


ポートレイト、テーマ、定義、そしてメンバーがどんな写真をあげてくるのか、
とても悩んだけれど、とても楽しくて、そうして考えて撮る時間、久しぶりだったように思います。
いわゆるポートレイトといわれる写真ではなくても、肖像写真でなくても、ドラマチックな光がなくても、
その猫一匹と人ひとりが対峙し、その時、その場所で、その猫の存在を写し留める。
どこかの誰かではなく、いつかのあの猫ではなく、2013年の僕、そして東京の猫。
それが、ポートレイトなんじゃないかな。


…と、いまさら言い訳がましく言ってみたり、ね。
ポートレイト週間を終えた今週の方が、のびのびとポートレイトしてるのがまた、僕ららしかったり(笑

またやってみたいね、テーマ。
ありがとうございました!


Scene of shadow


そういう意味では、これはポートレイトではないよね(w
(月曜日の新谷さんの写真を見て、メンバーみんなすごいの出してくるだろうから、僕は僕らしく変化球で…なんて思って、実はこれをUPしようと思っていたんだけどね)





12.10.2013

陽の当たる場所へ

FUJIFILM X-E1



寒いからといって
家でぬくぬくしていないで

僕も
冬の陽の光を浴びに
外に出掛けよう




***

ポートレイト週間いかがでしたでしょうか?
同じテーマでも
メンバーそれぞれの色が出ていたと思います
こういう企画ができるのも
グループならではですよね(^^)

***


池口正和




12.09.2013

隙間の散歩中に。

Untitled

今日は隙間を散歩していたら
ポートレイトを撮りたくてうずうずしている
 変な人に出会ったよ。

なんてfacebookやtwitterに書かれそうだよね。







12.08.2013

portrait: ボス

131126tc15
EOS 6D, EF40mm F2.8

ずっと、別の子がなると思ってたんだぜ。
でも、その子が姿を消し、君が現れ...。
ん、もしかしてその逆、なのだろうか?
とにかく...、君がこの街のボスに、なったんだね。

寂しくなるばかりの王国。
先王も、その座を狙う子もいない、小さな王国のボス。
少し臆病な...。
でも、この顔を見たとき、少し、はっと、したんだよ。


12月2日(月)からスタートした「ポートレート週間」も。
今日の、この投稿で終了です。
1週間、ご覧いただきありがとうございました。
楽しんでいただけたでしょうか。
「東京猫色」では、これからも、いろいろな企画を練りながら
新しいことに挑戦していきたいと思っています。
どうかこれからも、よろしくおつきあいください。


おまけ
同じ日、同じ路地、同じ猫
背中



12.07.2013

portrait: そして、見返りの猫


少し逃げては、立ち止まり
少し逃げては、また立ち止まる
そしてちらりと見返してくれる
そんな時間が続くから
猫を撮り続けているんだと思う。


12.06.2013

portrait: さあ!撮りたまえ!



いやまあ、お言葉に甘えて撮らさせて頂くのですが、
それにしたって背筋貼り過ぎじゃない?

もしかして緊張してる?(笑)


12.05.2013

12.04.2013

portrait: 白い猫

White Cat



夕暮れ前の一時に、陰る陽射しを身体に集める。
この町の中でなによりも白い、と思う。



12.03.2013

portrait: 静寂な光の中で




何を考えて
何を見ているのだろう
僕を見てくれてるのかな


君の想い
僕の想い


焦らず
ゆっくり
これからも


池口正和



12.02.2013

portrait: 老ボス猫の肖像

Untitled

かつてボスとして生きてきた老猫。

しかし今はその力も落ち、付近で一番の臆病猫として知られている。

若き頃は縄張りを守り生きる為、その自身の力を発揮して君臨したのだろう。

傷だらけ、ボコボコになった彼の顔そのものが、勲章だ。




12.01.2013

巡回

131130tc01
EOS 6D, EF40mm F2.8 STM

この路地で撮るの、何年ぶりだろう。
うまく足音を消し、先回りしてじっと、待っていたのだけれど、
踵を返して、行ってしまった。

でも、巡回だった。
そっか、ここも、通るんだ。
ああ、本当にきみが、この街のボスになったんだね。







11.30.2013

井戸と猫の国から


それ以来ほぼ毎週通うことをつづけており、
でも両方揃う確率はきわめて低いわけで。
 
それでも時々はいてくれるわけで。
そして、また通い続けてしまうわけです。
 
(「井戸と猫の国から」 by 純)


11.29.2013

ガタンゴトン



こういう何でも無い光景が好きなんですよねー。

本当、趣味丸出しですいません(笑)


11.28.2013

百年の孤独


田舎から上京してくると
東京って
毎日、毎日、今日は、お祭りなの?
っていうぐらい混沌としていて
ニギヤカで、楽しそうに思えるのだけれど
 
いざ、その懐に入り込んでみると

ポツンと
孤独に耐えていくことも
必要な街なんだな・・・

そう、ふと、気づくのだ


hide

11.25.2013

遅すぎたシーン

Untitled

いつかはこの柵から、空へ飛び跳ねるシーンが撮れるかもな、

とずっと頭で思い描いていたシーンが、やっと来た!はずだったのだが。

シャッターを切った後、気がついた。

1年遅かった事。変化の早さに。







11.24.2013

とば口

131110tc02
EOS 6D, EF40mm F2.8 STM

光と闇の狭間、
暗がりのとば口。

行かないで、もう少しだけ...。
そんなこと、話しかけながら。









11.23.2013

ミーちゃんとの距離感


ミーちゃん
彼女との付き合いも結構長い
でも彼女との距離感は
ずっとこんな感じ
 
逃げては、ふりかえり
逃げては、ふりかえり。
これからも、それでいい。
 


11.22.2013

さぁ~てと。



猫が行動開始する時って、大抵この柔軟運動をしますよね(笑)



11.19.2013

酒の匂いとしゃがれた歌声とそこに佇む猫

FUJIFILM X-E1


街で写真を撮っていると
季節感を出すのが難しい場合が多いので
僕はなるべく人を画の中に入れるようにしている

そうすれば
服装などから季節を感じてもらえるし
雨の日には傘で表現できたりもする

ただし
リアルタイムでアップしていかないと
今日の写真のように
季節ハズレ感が出てしまうので
注意が必要です^^;


※最近、忙しく(言い訳)猫に会いにいけていません
季節ハズレな写真で申し訳ありません


池口正和




11.18.2013

隙間からの秋空

Untitled

せっかくの晴れの日曜日。

一緒に空を見たいから、たまには隙間から出てきてほしいなぁ。



11.17.2013

少し臆病

131117tc02
EOS 6D, EF40mm F2.8 STM

もう来るな。
来るんじゃないぜ...。
そんな顔。

少し臆病。
臆病な、ボス的な子。

11月の朝。
街の底で。





11.15.2013

ボックス席



最初あまりにも自然に入っていたので気づきませんでした(笑)



11.14.2013

桃源郷



追い求め続ける欲望

抱き続ける妄想

その果ての果て

理想の街ってやつは

いつになったら見えるのだろう

TOKYO



hide

11.13.2013

掃き溜めに白猫

The pure thing which falls into the alley.



玄関口ばかりが美しくきらびやかな都会。
街の隙間や路地裏はゴミ溜めのようにみえるけど、
無垢で美しいものがたまに在ります、よ。










11.10.2013

慣れない夜

131110tc01
EOS 6D, EF40mm F2.8 STM

久しぶりの街。慣れない夜。
通りを流しても、どの子とも会わない。
近づく時間切れ。心が塞ぎかけたとき、この子と会った。
巡回の途中?路地を歩いてくる姿がかろうじて見えたから。

通りの、昼間のような明るさに比べて、路地の中は闇のよう。
通りで待ってた。
来た。

土曜の夜はひどい。人の多さが。
みな、この子には意識も飛ばずに通り過ぎて行くのだけれど。
渡らずに闇の中に引き返したのは、
人通りが多いからか。僕と目があったからか。

寒く、なったね。




11.08.2013

11.06.2013

いばらの道

thorny path


そのいばらは、あるものに対ししては有効だが、
ほかのものには、さほど効果がない。




ペットボトルやネットなど、
町には、たくさんの猫よけがありますが、
その多くは効果があるのかどうか…。
ただ、「猫で困ってます」「入るな」という意思は伝わってきます
 …僕ら、人、にはね。


たくさんの人がいれば、
動物が苦手な人、猫が嫌いな人、
庭に来る鳥が大好きなので猫が来ると困る人、
猫に苦しんでいる人、猫に救われている人、
猫を愛して止まない人、
猫を写真に撮らずにはいられない人…などなど
いろいろいるんだ、いろいろ。

あっ、このいばらは、
猫を撮っている人が、猫を追って壁を登らないように、
家主が猫のために建てたもの…かもね(笑 注1


人もいろいろ、猫もいろいろ、だ。





注1 住居や庭への不法侵入を肯定するものではありませんので、あしからず。

11.05.2013

雨上がりの路上で






晴の日も
雨の日も
雪の日も

朝も
昼も
夜も

出会うこと
すべてが
ドキュメントなんだ



池口正和