8.25.2016

夢の跡




いくつもの夢が消えていった夜の競馬場

キミはその背中をそっと見送った





8.24.2016

雨上がりの朝。

NikonD5+AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G





僕も裸足になって
君の隣を歩きたいと思った
夏の雨上がりの朝







8.23.2016

雨上がりの朝。


昨日の台風、大丈夫でしたでしょうか?
僕は室内での仕事で、よく分からなかったのですが、
一度だけ、午後の時間に外での作業があったのですが、
雨と風で、作業は中止となってしまいました。

作業は中止で、帰る頃には雨も止んで、僕はよかったのですが、
こんな時には・・・ いつもお世話になっている猫さん達のこと、
考えてしまいます。

~雨上がりの朝、小さな駐車場で。~

おはよう!昨日、大丈夫だった?
雨と風、凄くてびっくりしたでしょう・・・。
心配したんだよ、どうしてるかな・・・って。

だから、元気な顔を見せてくれると、やっぱりうれしい・・・。

よかった! ・・・会うことが出来て。






8.20.2016

待ち人。

未だかな、未だかな。

 
大丈夫、もう少し。
 
今終電が行っちゃったから
 
もう10分、お待ちなさい。

8.19.2016

プライド

NikonD5+AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G




自分らしく生きていくには
一歩も引けない
いや
引いちゃいけない時もある









8.18.2016

サインはV


観光客がたくさん訪れる街
通りからほんの数十秒入った路地で

開いてる窓から目があった。
目と目との間のサインはV

8.17.2016

早朝の疾走






早朝の駅前

そこにいる誰よりも早く
美しい走りを見せていたキミ
間違いなく金メダルだったよ!




8.15.2016

「空」を感じて



「空に向かって伸びる大きな木」 をイメージして作られたタワー

空色の橋や水道管

そこにいるのは どこか上の空のキミ

「空」を感じた夏の日の夕方



8.14.2016

深夜の出来事

NikonD5+AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G




このタイミングで出会うとは
思ってもいないから
お互いビックリして固まってしまった


でも我に返って
慌てていたのは
カメラも構えていなかった
僕の方だったけど







8.13.2016

遠くの ・・・子猫。


~遠くの ・・・子猫。~

子猫さんに出会ったら、そっと静かに、
足音に気を付けて、

子猫さんに出会ったら、そっと、静かに、
ちょっとだけ引き返して、
急いでカメラを取り出して、またそっと、そっと・・・

やっぱり、ちょっと変かな?
でも、仕方ないんだよね。
君、僕を見ると、すぐに物凄いスピードで逃げちゃうから。
何か、リオでやってるオリンピックの選手みたいに凄いよ。

君との距離、まだまだ遠いかなって思うけれど、
いつか、君と、触れ合うことが出来たなら、 ・・・いいな。