6.29.2014

手の届く距離

140426tc07
EOS 6D, EF50mm F1.4 USM

踏み込んだ路地、ビルとビルのすき間。
ここは、安心できる場所。
手の届く距離でさえ、寝入ってしまう。

半分、あっけにとられながら、
シャッターをきる。


自分のblog「TOKYO CATS」も更新しました。
同じ日、同じ場所、同じ猫





6.28.2014

あすなろ「あの扉」3


あすなろ「あの扉」第三弾。
みんな憶えてないだろうけど、まだやるんですよ(笑)

でも、やっぱりまだまだ
あすなろ、あすなろ
 の
「あの扉」

6.27.2014

6.26.2014

路上のルール

FUJIFILM X-T1+ XF23mmF1.4 R





僕たちは
決められたルールの下で
毎日を生きている





池口正和





6.23.2014

相席


いい日陰ですね。
ご一緒してもいいですか?

人見知りな僕は、そんな声さえかけられないな。





6.22.2014

横顔

140620tc10
EOS 6D, EF50mm F1.4 USM




自分のblog「TOKYO CATS」も更新しています。
同じ日、別の場所、同じ猫。





6.21.2014

新鮮な へぇ猫


「へぇ猫」とは、僕の猫写真の一カテゴリーです。
意味はですね、『塀の上の猫』のことです(^_-)。
新鮮っていうのはですね、『塀の上に登ったばかり』ということ。
「新鮮な へぇ猫」はなかなか貴重です。それにこの子は若いしね。
ダブルで新鮮なのであります。

6.19.2014

雨宿り

FUJIFILM X-T1+XF60mmF2.4 R Macro




雨宿りをするには
そこは、あまりいい場所とは言えないな
今日の天気予報では
雨が強くなる心配はないみたいだけどさ



***



池口正和





6.18.2014

Night meeting

Night meeting


集う場所。

そこは川の流れでいえば、中州や淵のように自然と淀み、滞留するような場所。
落ち葉や雪なんかが自然と一カ所に集まってしまう、吹きだまりのような。

東京という町そのものが、そういう場所なのかもしれないなぁ。




あいかわらず猫が小さいですが、画像クリックでFlickrにてもう少し大きく見れます。




東京猫色、恒例のミーティングの後、
梅雨の中休みの心地いい夜風にあたりながら、
夜猫撮影会…


けっして…
恒例の呑み会で、居酒屋を追い出され行くあて無く、
缶ビール片手にさまよった先ではありません(W




6.17.2014

帰れない者たちへ


足跡を探すこともできなくて

いったい

どこへ帰ればいいんだろう・・・。



hide

6.16.2014

止まない雨を。


雨の中を、無理矢理歩く必要もない。

街の灯りの流れを鑑賞しながら

またスキップを刻める時をじっくり待つのも、悪くないもんだよ。



6.12.2014

街が目覚める頃に

FUJIFILM X-T1+XF60mmF2.4 R Macro




今、この瞬間、この場所に立っているのが
不思議に思えてくる時がある。
毎日、何事もなかったかのように過ぎていくけど
そんなことは無くて
自分でも気がつかないうちに
いろいろ変化しながら
時間は流れているんだなぁ





池口正和






6.07.2014

永遠 の まあだだよ


「もういいかい?」
と聞いても応えはない。
永遠に
「まあだだよ」
なんだよね。
君の最後の写真だよ。

6.01.2014

両雄、その一

140428tc06
EOS 6D, EF50mm F1.4 USM




自分のblog「TOKYO CATS」も更新しています。
別の日、同じ路地、もう1匹の雄