5.30.2013

乾いた朝

Untitled

乾いた川。

だが寝起きの喉を潤すには十分な量だ。

問題は、どうやって降りるか、だね。




5.25.2013

巡回路

130525tc01
左の路地から右の路地へ。
どうしても渡らなきゃいけないときもある。
でも...、まあ大丈夫。
ここは彼らの街でもあるのだから。


「巡回路」をテーマにあげた別候補を自分のblogにアップしました。
意外にも、同じ日、同じ街、そして別の猫。
渡る







5.24.2013

とちょる



「都庁を撮る」の略(笑)

以前からここを通る度に「ここに猫が居てくれたらなー」と思ってたんですけど、今回本当に居ました。
通い続ければ何とかなるものだ。

そういう意味では「続・続・巡回路」(笑)


5.23.2013

続・巡回路

Untitled

いつもの巡回路に、後を追ってついて行きたかったのに。

これ以上は君と同じ猫にならないとダメだね。




5.22.2013

巡回路

on the road of ridge


いつもの道、いつもの場所、いつもの景色。
見慣れないもの、見慣れない猫、見慣れない人、
要注意。


5.19.2013

雨の日



ずぶ濡れになる前に
雨宿りできる場所
探さなきゃね

できたら一緒にどう?



5.17.2013

5.14.2013

回想



よぉ・・・
何年ぶり?



覚えていてくれるかい、今でも・・・。

hide

5.12.2013

まちはずれ

 



春の陽気に
思い思いの時間を過ごしている猫たちを
少し離れた所に腰を下ろして
ぼーっと眺めてみる


毎日、慌ただしく過ぎていく中で
なんて心地よい時間なんだろう



また気持ちに余裕がなくなったら
この場所に来よう
今度は必ず虫除けスプレー持って








5.11.2013

熟睡

130504tc05
よく、寝てる。

ほかの街はともかく、
ここでは、寝ている子を撮る機会はめったにない。
みつけても、それは手の届かない、高いところだったり、
細いすき間の、遠い遠い奥だったり、いつもするから。

だから、この子の丸い背中をみつけたときも、
ええぃ、だめもと!で踏み込んだけど、
珍しい!熟睡、してるじゃんw!

...ということで、
笑いを噛み殺しながら、近づいた。ゆっくり、ゆっくり、
音のするものを踏まないように.....。
で、回り込んでも、起きない!?
シャッター切っても起きないw!
ああ、熟睡してるんだねw。

暖かくて、いいね。
しばらく、寝顔を見ていた。


このときも、結局起きました。
街猫相手に起こさないのはやっぱり無理。
でも、そんなときは即撤退。
飛んで逃げる前に、まだ寝ぼけてる間に、
急がず、音をたてず...。
目と全身で、害意のないことを訴えながら...。
できれば、二度寝してほしいから、ね。





5.10.2013

やんのか、こらぁ。




本当は怖くても、一歩も引かないその立ち振る舞い。

「漢」だね(笑)

5.09.2013

近くて遠い距離

Untitled

信号が変わるまで、ほんの少し待ってほしいと。

叶わなかった小さな想い。

たった数メートル、数歩の距離なのにね。





5.08.2013

自転車置き場にて

In a bicycle place


自転車置き場にて。



…誰がなんといおうと、ここは自転車置き場、



…だと思う。
たぶん。












5.07.2013

背中



ボーッとした猫の背中を見かけると
なぜか、ほっとする・・・
そんな今日この頃。
 
 
これからは火曜日を担当しますです。
 お時間がある時に
どうぞ見てやってくださいまし。
 
よろしくお願いします。
 
hide

5.05.2013

路地の番人



どんなに
急いでいても
素通りできない

そのくらい
君は
僕にとって
最強の番人だよ


***

「東京猫色」のfacebookページができました
Blog更新のお知らせだけではなく
ミーティングの様子やプライベートでの出来事など
不定期に投稿していけたらと思っています。


***

5月から日曜日を
担当させていただくことになりました。
どうぞよろしくお願い致します。


池口正和






5.04.2013

ドア開く

130504tc07

この子を追って踏み込んで、
さぁ撮るぞ、とレンズを向けた瞬間、
いきなり勢いよく、右手のドアが開いた。

あることさえ意識してなかったドア。
開くところなんて、初めて見た。
思わず、その影で息を殺す。

でも、結局誰も姿を見せなかった。
ゴミ袋が3-4個、リズミカルに放り出され、
しばらくして、ドアが閉まる。

ああ、朝来るたびに、袋の山が路地を塞いでいるのは
こういう仕組みだったのか。
胸をなでおろしつつ、妙に納得。

その一部始終を、この子が見ていた。

土曜の朝、いつもの路地で。


梅田 徹です。
これから、土曜を担当します。
よろしくお願いします。

おまけ「検品











5.02.2013

静かなる夜

Untitled

いつもの、東京を。

いつもの、日常を。

いつまでも、いつもの、の中で。


 実は木曜が苦手な新谷です。
 なぜか?なんでだろう。なんとなく。
でもこれから少し、特別な曜日になるのかもしれません。


5.01.2013

Walk with

Walk with.

Walk with.

僕も一緒に。





ねこ も しゃくし も写真を撮る時代、

あたりまえに目の前にあるものにこそ、
カメラを向けていたいな、って思います。

それこそが今見ている世界だから。


だから、
猫にも杓子にもカメラを向けないとね(笑






今月から水曜の男は巣山サトルです。